2008年12月16日

たんすの中から4話

 おいしいね。
 笑う。

 ねー。
 笑う。

 ミーが作ったのは味噌汁だった。山の幸をぶつ切りにして、油揚げもぶつ切りにして作った具沢山の味噌汁。器用なものである。

 作ってる途中でね。うふふ。油揚げ半分つまんじゃったの。
 笑う。

 ねー。
 笑う。

 ところで・・・
 まつたけは切り出す。

 これから俺はどうなるんだ?

 考え込むミー。

 沈黙

 ミーはかぶりを振り、決心したように喉を鳴らした。
 これからあなたは、組織の人間に一日一回、1時間ほど検査を受けることになるわ。そして、これまでのケースだと長くて3ヶ月、短くて10日、組織の人間はこう言うわ、「また、違った」と。最後の姿も、そしてその後の姿も、私は見せてもらってないの。でもね、これまでの茸たちはどれも表情を作ることができなかった、笑えなかった。言葉を話せない茸もいた。今回は・・・今回こそは・・・

 まぁまぁまぁ・・・
 二の句が継げない。




 これからのことは分からない。とまつたけは思う。しかし、俺の人生いつもそうではなかったか。一寸先は闇。どうやらたんす以前の記憶は消されているようだ。さながら人生新参組といったところか。これから、謎の宗教団体に解剖でもされるのだろうか、おいしく召し上がられてしまうのだろうか、しかし、目の前のリスクを心配しすぎるがあまり、たんすに篭っていてはこれまでと同じではないか。珍しくまつたけは前向きだった。ミーがこっそり入れたワライタケだけのせいではあるまい。

 ミー、俺、真剣に考えたんだ。
 まっすぐにミーを見つめるとまつたけは声を落として話しかけた。

 きもっ。
 ミーのつぶやきは幸い、興奮して目を真っ赤にしているまつたけの耳には届かない。

 ここで、ミーと一緒に・・・
 そこまで言いかけたとき、重さ数トンはあろうかという巨大な扉を、見たこともないような重機が押し開け乗り込んできた。

 とうとう見つけたぞ!
 重機の中の男は叫ぶ。

 宇宙銀河広しといえどこの名を聞いて恐れぬものはなし・・・今ここにmeけんざん!!!!!!111
 言うが早いが、謎の男は輪ゴムテッポウでミーの急所を打ち抜いた。

 ミー!!!!!11

 なお高いテンション、下がらないボルテージ。この男は自己紹介を始めた。

 我が名はセミコロン教授、マギー研究所の悪事について長年研究をしてきた。昨晩、君を引きずるマギー研究所のメンバーと思しきミーを発見し、meはそのあとをつけた。普段はまかれてしまうのだが、此度は君を引きずった後が血みどろになっていたために、明け方の捜索でこの場所を特定したというわけだ。誘拐の現行犯と、そして正当防衛の名義で今、ミーを射殺させてもらった。もう安心だから、世界に平和が戻ったから、youも安心して、今晩はうちに泊まりなさい。
 満足げにまくし立てる。

 どうしてこうなった・・・
 憤るまつたけ。

 と、一部始終を見ていた白衣の男。一目散にトイレに駆け込むとそこで、吐いた。
posted by Setsuna at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

たんすの中から3話

(ここはなにを研究しているところなんだ・・・)あたりを見渡すと、がらんどうの大きな空間が広がる倉庫のような場所だ。上を見るとチェーンの先端にフックがついたようなものや、採光用の窓がある。壁は白、床は緑色でゴム製。何かの工場跡地を倉庫として利用しているのだろうか。まつたけは残り少ない髪の毛でここまで考えた。

 ここは研究所とは名ばかり、マギー財閥の節税のために作られたペーパーカンパニーの所在地として登記してある、ただそれだけのための場所。
 ミーはいう。

 まつたけはビックリした。この猫は心を読めるのか。三又か。などと思いつつ猫の手元を見ると、「はじめての方への応対マニュアル」と記載された紙がある。猫はこれを読んでいるだけのようだ。

 そもそも、マギー研究所の起こりは1800年代に始まる東インド会社のスエズ運河建設に関わる人材調達会社として発足s・・・
 猫はその後この原稿を噛み噛みで30分にわたって読み上げた。

 どうしてこうなった・・・
 誰に言うともなくつぶやく。

 我々マギー研究所は、あの家から定期的にまつたけが運び出されているのを、あの家に派遣しているゴキブリからの情報で知っていた。それと同時に、あの家の住人が一定期間ごとに入れ替わって生活していることも分かっている。本人は気づいていないという点で、我々マギー研究所の興味を引いた。マギー財閥は元々クランと呼ばれる宗教法人に端を発しているため、行動学的な情報は特に慎重に分析することを伝統としている。また、まつたけの栽培という前人未到の分野であることも、今度の大統領選出馬する我々の資金源として有効であるとの採決が下された。
 これまで、あの家からは4度のまつたけの奪取に成功している。こちらの被害は10。けして小さくはないが、大きくもない。それほど貴重な情報を我々にもたらした。

 前の3体はどうなった・・・?
 まつたけは聞く。

 シャラップ!!!!111
 ミーは牙をむき、目をむき、吼えた。あの、ほら、猫ってすごい興奮すると、口とかすごい開いて結構怖いじゃん?毛とか逆立って。そんな感じになってる感じ?

 まつたけは混乱して髪の毛をちぎって頬張る。とてもおいしかった。

 ちょっと待ってね、今おいしいもの作るから。
 ミーはそういうと冷蔵庫を開け、おいしそうなきのこを取り出した。

 食べ物は人の心を和ます。
posted by Setsuna at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

たんすの中から2話

まつたけは考えた、俺はどこにいくのだろう。
そう、彼は生きていたのだ。猫に引きずられながら・・・

 ここで猫について説明しなければなるまい。水分が抜けたとはいえ10キロのまつたけを持つ猫。仮の名をミーとしておく。ミーは老猫で、この界隈では有名なネズミ捕りの名人である。名前はまだない。何歳なのかは分かっていないが、町の生き字引のいうところによると30年前、終戦直後のこの町に来たのが最初だという。ヴィジュアルは当時からまったく変わっていないらしい。体重は軽く30キロはあり、身長は小学生の高学年ほどもある。ミーはねずみの巣食う家を見つけると突進し、その家のねずみをあらかた退治するということで、近所ではありがたがられている。あまりにもねずみが多い場合は、ミーの猛攻によって家は倒壊するが、そういうボロ屋がこわれるということで、これもまた近所の町の金持ち連中からは好かれる理由となっている。
 殺鼠剤入りの毒饅頭を主食とするミーは、ラスプーチンではないかと噂されるが、外見はどう見ても猫のため、この説を唱えたセミコロン教授は近所ではヤバイやつだと思われている。

 さて、この猫はまつたけを咥えると、さすがに今までのまつたけよりは重いなあと思いつつ、なるべく顎が疲れないように運んだ。したがって、粗いアスファルトによってまつたけはみるみるうちに削れてしまった。
 3割ほど削れたところでまつたけは「痛い」と思った。人間らしい感情が戻ったのだろう、途端にあたりが明るくなった。そう、なくなっていた目が、厚い脂肪がこそげ落ちたことによって復活したのだ。右目があった位置はやや削れ方がひどく、目らしいものは見当たらなかったが、当の本人はまったく気づいていない様子だった。それぐらい衝撃的な映像が広がっていたのだ。

 なんぞこれ・・・
 まつたけはつぶやく。

 ここはマギー研究所。
 ミーは答える。

 やめーやwwww
 まつたけは久しぶりに笑った。

 ここから二人の共同生活が始まるんだなあという、暖かな気持ちに包まれたところで、太陽がゆっくりと地平線から昇り始めた。
posted by Setsuna at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

たんすの中から

たんすを開けたらまつたけがいた。

俺の場所だと怒ったら、どうしてこうなったといいながら降りてきた。

やったと思って、襟首をつかんで引きずり出した。襟は黄ばんでいた。

体重は20キロもなかったと思う。やわらかかったし。
骨ばっているわけではなかった。

一瞬目があった気がしたが、気のせいだった。まつたけは顔のところが傘になっていて、目はあとで探してみたらなかったし。
光っていた気がしたんだけど。

階段も引きずって一緒に降りた。
内装はのび太君の家とまったく同じだったような。キテレツの家だったかもしれない。

急いで縦に裂いて火であぶってみた。
端っこがチリチリ焼けて少しもったいなかった。黒くこげたところは、発がん性物質だろうか。

そろそろいいだろうと思ったら、隣の猫が全部持っていった。10キロもあるのに・・・

仕方がないから、たんすで寝た。

長いこと寝ていると、だれかがたんすを開けた。

俺の襟は黄ばんでいた。
posted by Setsuna at 04:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

2007年07月25日

人間は肉体じゃなくて

精神で感じる

posted by Setsuna at 00:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ぁっぃょ

「ぁぁ ゅぅぅっ ゃゎぁ…」

っゅ ゎ ぃゃゃゎ…。

ぁっぃゎ…。

「ぅぇぇぇぇぇ」

ぁぁ…ぉぇっゃ…

ぁゃゃ ゎ ゅぃぃっ ぉヶッ ょゎぃ。

ぇぃ! ぇぃぇぃ。 ぅぃゃっ ぅぃゃっ ぇぇヵ? ぇぇヵ?

ぃ…ぃゃぁぁぁ。ぉヶッ ぃゃぁぁ。ぃ…ぃゃ…ぉヶッぁっぃ。

ぁぁ ぁゃゃ… ぇぇゎぁ。 ょぃ ヶッゃゎぁ。 ぇぃぇぃ。 ぇぃぇぃ。

ぅぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

posted by Setsuna at 10:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 変体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。