2008年12月31日

俺がTMを見つけたときのこと

 個人的にインストールをするタイプのゲームは嫌いだった。レジストリが汚れるのが嫌だし、ものによってはアンインストールをしてもゴミファイルをそこここに取り残していくような挙動をしたりもする。それに大抵のものは重い。グラフィックとゲームの面白さにそれほど関係はないと思う。
 あるとき、フラッシュのゲームをグーグル先生で探していた。そのときに見つけたサイトが「FLASHの面白いゲームまとめリンク集」で、タンクマニアに出会った最初の日でもあった。昨晩tankmaniaで検索していて偶然見つけることができた。
 最初はえちぃゲームなんかをやっていたが、フラッシュゲームといえばレースゲームが好きで、車関係を総ざらいしてみていた。そこで見つけたのがタンクマニアだった。

 ログインして、ルールをしっかりよんで、まずアカウントを作った。その名前が当時使用していたハンドルネームであるところのSetsunaであった。リージョンはもちろんJP。
 はじめて参加したゲームはTP3だった。赤軍に生まれたと思う。生まれて直後、撃ち方がまずわからない。tでチャットがうてると書いてあるからチャットで聞く。おまえ自身をドラッグしろと言われた。その通りにすると弾が出た。あわてて近くの戦車を撃った。撃っても撃っても変化がない。3連続で当てた。相手は逃げているようだ。味方だった。お前はバカかと言われたが、戦車の色がチームを分けていることに気づいて、近くにいた敵をそいつと一緒に打った。
 それがはじめての記憶。

 当時はコンペティションに人なんかいなかった。カスタムでわずかに少人数戦やボムランドが立てられていて、他はメインで遊んでいる感じだった。
 そんな環境だった。


posted by Setsuna at 13:41| Comment(1) | TrackBack(0) | TankMania | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺もtmが重かったら
こんなに常駐することも無かったと思うわ
Posted by at 2009年01月01日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。