2008年12月23日

おとついの2on2大会のことについて

おとついの、といってもこの記事を書き終えるころには3日前の大会ということになろう。2分しかない。
さて、その2on2のTP1の大会のことについて、感想をいいたい。それから、TP1の戦術論的なところまで、申し上げたい。ホールドミータイ

1試合目は、相手が中途半端な位置取りをしていたために、まっちゃんと各個撃破をしてしまってフルボッコ。私が弾をバグキャッチして死んだ1dieが、相手の唯一の得点となった。

2試合目は、実は事前にはプレイスタイルの特性上二人で突っ込んでくるだろうから、待ち伏せようという作戦をとっさに考えていたのだが、二人で川あたりまで出てきたところで引き返して引きこもりを始めてしまった。
困ったから真ん中付近で私がうろうろして、まつたけくんが右方面から攻めていったのを恐らくフォローしつつ、タイミングを見て旗を持ち帰ったような気がする。
あんまり覚えてない。

3試合目は。実はちょっと前にウォッチをしていて、非常にギャップパスの練習をしているなあという感想を持ったために、フォーメーションを崩すような作戦を取る予定があった。
そして何となくまっちゃんと二人で上がると、たしか佐藤さんが突っ込んできてまっちゃんがそれに引き返して対応をしていた。青木さんは相手陣地でたたずんでいたため、無防備な佐藤さんを倒すために私も引き返してサンドイッチにした。
このやり方で佐藤さん青木さんを交互に撃破したが、1度旗パスを投げられ、それが通ってしまって確か6-5ぐらいで1点抜かされたように記憶している。
相手が引きこもったため、kill数で勝つことも十分に考えられたが、旗をとって勝とうと二人で話し合って、二人で突っ込んだ。一人倒す寸前ぐらいにまっちゃんが引き返して、倒して旗トライをしてちょっと歩いて、3歩先ほどを歩くまっちゃんに縦パスを通して持ち帰りとなった。
TP1ではかならずしも自陣と敵陣に一人ずついるというフォーメーションがすぐれているわけではなくて、このように二人で攻めて一人が引き返す、或いは一人が死ぬという方法で、流動的に分かれるということも考えることができる。

決勝。これも事前に試合をウォッチしていて、相手の射撃がとてもうまいということをみていて、ギャップパスも決められてしまいそうだし、1on1状態でも突破は難しいと判断した。
引きこもり作戦を取ってくることは分かっていたが、はじめから二人で敵陣に攻めることにした。これはよく使う戦法だが、1on1を2箇所でやらずに、数の優位性を意図的に作るようにポジション取りをするという方法で、1killを狙った。そうすると相手方の一人はこちら陣地へ攻め始める挙動を見せたため、追撃を狙うも、死んでしまって相手に先に1killを与えてしまった。
このときまっちゃんが緊張のせいか何のせいか、意図的な2対1によって追い込んだ相手の1killをもたもたしてしまったということもある。
これも含めて最終試合、まっちゃんは3回ほど大きなミスを犯していた。そのために、kill-dieの差でみるとそれほど現れていないが、心理的にはかなり押されている印象があった。
全試合旗をとって勝ちたいうという思いがあったために、このあとも攻め続けた。あるときmeとまっちゃんが相手陣地で戦っているとき相手のうち一人が、左側からこっそりこちら陣地を目指していた。そこでmeとまっちゃんで残りの一人を攻撃して、倒す寸前でmeが旗トライをしてそのまま歩いて持ち帰り体制に入った。まっちゃんが優勢のため、相手はこちらを追撃することはできない。先にこちら陣地を左側から狙っていたものは、meが真ん中から持ち帰ったために遠く、セーブは到底及ばなかった。このとき、記憶では20%優勢だった体力でまっちゃんは最終的には負けていたように思う。これが二つ目の大きなミスといえばミスだが、旗をとるという真の目的の影にはこのミスは打ち消すことができるというものだ。
2on2では、特にTP1では、裏からこっそりを狙ってしまうと、味方が不利にたたされる危険性が高く、そこが大人数戦とは大きく違う点であるといえる。

このようにして、全試合ダブルスコア以上かつ旗1本以上の持ち帰るという大差で優勝することができたmeとまっちゃんは、本当にSSSだなあ強いなあとおもいました。これからもがんばっていきたいとおもいます。


posted by Setsuna at 00:21| Comment(426) | TrackBack(0) | TankMania | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。